しゅちゅわんの暗号資産情報Blog

Cosmosの情報を中心に配信しています。

Datachain Cosmosの技術を使用した様々なユースケース‼️

【Cosmos】Datachain×三菱UFJ信託銀行と技術提携を開始‼️2024年デジタル証券クロスチェーン決済の商用化目指す‼️大手企業とのコラボ多数‼️しゅちゅわんの暗号資産情報
https://youtu.be/qc5UojkMsBE

f:id:syusyubrand2:20221004072720p:image

 

データチェーンが三菱 UFJ 信託銀行と提携し、2024 年に法定通貨に裏付けられたステーブルコインでクロスチェーン決済を実現

f:id:syusyubrand2:20221004065117p:imagehttps://medium.com/@datachain/datachain-teams-up-with-mitsubisi-ufj-trust-and-banking-c9707b0ada9e

三菱UFJ信託銀行は、安全で拡張可能なクロスチェーン決済を実現するために@LCP_networkを使用することを決定しました。

LCPは、インテルSGX(TEE)によって構築されたエンクレーブで軽いクライアント検証を置き換え、@cosmosIBCをさまざまなチェーンに拡張可能にします

LCP — 信頼を最小限に抑え、ガス効率の高いクロスチェーン ブリッジを実現するためのライト クライアント検証のプロキシ

f:id:syusyubrand2:20221004070032p:image

 

 

f:id:syusyubrand2:20221004065134p:imagehttps://medium.com/lcp-network/lcp-a-proxy-for-light-client-verification-to-realize-trust-minimized-and-gas-efficient-f7d5868e4b0

 

 

Datachain が IBC を使用したクロスチェーン ブリッジについて Cosmoverse で発表

f:id:syusyubrand2:20221004065212p:image

https://medium.com/@datachain/datachain-to-present-at-cosmoverse-5b70e8f349b5

 

 

Datachain は、ローカル テストネットで Cosmos と Harmony の間の IBC ブリッジの構築を正常に完了しました

f:id:syusyubrand2:20221004065233p:image

https://medium.com/@datachain/datachain-successfully-completes-building-an-ibc-bridge-between-cosmos-and-harmony-on-the-local-5910e094e6c6

 

 

クロスチェーンの相互運用性について Hyperledger Global Forum 2022 で発表する Datachain

f:id:syusyubrand2:20221004065244p:image

https://medium.com/@datachain/datachain-to-present-at-hyperledger-global-forum-2022-about-cross-chain-interoperability-fee796fb6a6c


Hyperledger Lab YUI との相互運用性

このセッションでは、YUI の基本的な考え方と、YUI を使用して異なるブロックチェーン間のクロスチェーントランザクション (相互運用性) を実現する方法について説明。

YUI は、Cosmos の IBC プロトコルを使用して、複数の異種台帳間でトラストレスな相互運用性を実現するためのラボです。YUI は、Hyperledger Fabric、Hyperledger Besu、Hyperledger Iroha、Corda などのパーミッションブロックチェーンをサポートしているため、NTT データ、JCB、HITACHI などのエンタープライズ企業が YUI を使用して概念実証を実施しています。

 

 

Datachain と JCB が複数のデジタル通貨を交換するための PvP 決済の検証に成功し、次世代金融における相互運用性に関するコンセプト ペーパーを公開

f:id:syusyubrand2:20221004065301p:imagehttps://medium.com/@datachain/datachain-and-jcb-successfully-validate-pvp-settlements-to-exchange-multiple-digital-currencies-and-ed442e45879

Datachain と JCB は、複数のデジタル通貨を交換する PVP 決済の検証に成功しました。この結果をもとに、データチェーンは検証実験のコンセプトを整理し、次世代金融における相互運用性の実現に向けたコンセプトペーパーを公開。


DatachainとJCBが「デジタル通貨交換プラットフォーム」を構築する実証実験を開始


実証実験では、デジタル通貨交換インフラを構築することで、サードパーティの信頼に依存することなく、Hyperledger Fabric と Tendermint の異なるブロックチェーン上でデジタル通貨の PvP 決済を実現することに成功しました。

 

 

Datachain が Enterprise Ethereum Alliance に参加

f:id:syusyubrand2:20221004065355p:image

2021 年 11 月 15 日、東京— Datachainは、 Cosmos の IBC プロトコルを通じてさまざまなブロックチェーンとの相互運用性を実現するための相互運用性プロジェクト「YUI (Hyperledger Lab) 」に焦点を当てており、本日、メンバーであるEnterprise Ethereum Alliance (EEA)に参加したことを発表しましたhttps://medium.com/@datachain/datachain-joins-the-enterprise-ethereum-alliance-ac94eca52364

 


Datachain は日立と提携し、Hyperledger Fabric と Hyperledger Besu 間の NFT 支払いのためのサンプル コードを Hyperledger Foundation に提供します

f:id:syusyubrand2:20221004065408p:image

https://medium.com/@datachain/datachain-teams-up-with-hitachi-to-contribute-sample-codes-to-hyperledger-foundation-for-nft-a1ef2568b126


Datachain, Inc. は、Hyperledger Fabric での ERC-20 トークンと Hyperledger Besu での ERC-721 トークンの同時転送を実現するために、株式会社日立製作所とのコラボレーションを開始しました。


データチェーンが日立と提携

Datachain は、Hyperledger Fabric で ERC-20 トークンを、Hyperle


dger Besu で ERC-721 トークンを同時に転送するアトミック スワップを実装するために、日立とのコラボレーションを開始しました。

Fungible Token 規格である ERC-20 に準拠したトークンと、Non-Fungible Token (NFT) 規格である ERC-721 に準拠した 2 種類のトークンを使用することにより、このイニシアチブは、2 つのトランザクションを同時に実行することを目的としています。トークン化された資産の権利と支払い。

Datachain と日立が開発したサンプル コードは、Linux Foundation がホストするエンタープライズ ブロックチェーン エコシステムを構築するためのグローバルなオープン ソース コラボレーションである Hyperledger Foundation に提供されます。

 


Datachain は Soramitsu と提携し、Hyperledger Iroha との相互運用性を確保することで複数のデジタル通貨の同時交換を可能にします

f:id:syusyubrand2:20221004065443p:image

https://medium.com/@datachain/datachain-teams-up-with-soramitsu-to-enable-the-simultaneous-exchange-of-multiple-digital-522436b0d651

 

Datachain, Inc. は、The Linux Foundation が主催する Hyperledger Iroha の最初のコントリビューターであるSoramitsu Co., Ltd. との技術協力を開始しました。


Hyperledger エコシステムの 2 つのテクノロジーである Hyperledger Iroha が最初に Soramitsu によって提供され、YUI (Datachain が提供して開発に取り組んでいる Hyperledger Lab) は、Cosmos の IBC プロトコルを通じて相互運用性を可能にし、異なる間でデジタル通貨を同時に交換できるようにします。 Hyperledger Iroha で構築されたブロックチェーン


Hyperledger Iroha は、カンボジア王国の CBDC (中央銀行デジタル通貨) バコンや、日本の福島県にある会津大学 (デジタル地域通貨) の Byacco など、世界中のさまざまなデジタル通貨プロジェクトに使用されています。今後は、すでに実用化されているデジタル通貨の交換事業への適用を検討していきます。


ユースケース

Hyperledger Iroha は、以下のようなデジタル通貨プロジェクトですでに実用化されています。

⚫︎ カンボジア王国のCBDC、バコン

⚫︎ Byacco、日本の会津大学の地域デジタル通貨

⚫︎ 福島県万代町のデジタル商品券「デジタルとくとく商品券」

以上の例のように、今後さまざまなデジタル通貨が本格的に流通するようになると、デジタル通貨の同時交換(PVP決済)が必要になります。

データチェーンとソラミツは、このような複数の異なるデジタル通貨での PVP 決済を実現するプロジェクトに取り組んでいます。

 


Datachain が Interchain Foundation から助成金を受け取り、IBC を通じて Ethereum との相互運用性を実現

f:id:syusyubrand2:20221004065521p:image

https://medium.com/@datachain/datachain-receives-a-grant-from-interchain-foundation-to-enable-interoperability-with-ethereum-7c9add7cef55


Datachain は Interchain Foundation から助成金を受け取ります

Datachain は、Inter-Blockchain Communication (IBC) を介してパブリックおよび許可された Ethereum ブロックチェーンの相互運用性を可能にするために、Interchain Foundation から助成金を授与されました。データチェーンは日本人初の助成金受領者です。

 

 

Corda-IBC: IBC を介して Corda と異種ブロックチェーン間の相互運用性を実現するためのフレームワーク

f:id:syusyubrand2:20221004065534p:image

https://medium.com/@datachain/corda-ibc-a-framework-to-achieve-interoperability-between-corda-and-heterogeneous-blockchains-via-da8f0772ef7e


Corda は世界最大のエンタープライズ ブロックチェーン プラットフォームの 1 つです。デジタル通貨、金融システム、サプライチェーン管理など、さまざまなプロジェクトに使用されています。


Datachain は YUI プロジェクトを通じてこの取り組みに積極的に貢献しており、Corda-IBC もこの目標のために開発されています。

Corda-IBC は IBC/APP として今のところ ICS-20 のみをサポートしていますが、次のステップでは、さまざまな IBC/APP 実装を構築するための SDK に進化させる予定です。

 

 

◉Datachain、NTTデータブロックチェーン間のインターオペラビリティ実現に向け技術連携

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000055051.html

f:id:syusyubrand2:20221004065552j:image

 

 

◉Datachainとトヨタファイナンシャルサービスブロックチェーンを活用した車両の「価値証明」と「所有権移転」に係る実証実験を実施

f:id:syusyubrand2:20221004065601j:image

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000055051.html

 

◉Datachain、ブロックチェーンのインターオペラビリティを実現するフレームワークを活用した取引に関する特許を出願


◉株式会社Datachain

https://datachain.jp

 

 

 

 

【免責】投資は自己責任でお願いします. 【免責事項】 ・本動画およびブログの内容において、正当性を保証するものではありません。 ・本youtubeチャンネルやブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。

期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。

最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。 以上をご了承の上でご利用ください。

 

【Cosmos】ATOM2.0発表‼️ATOMに価値をもたらす新ビジョン‼️

【Cosmos】ATOM2.0発表‼️ATOMに価値をもたらす新ビジョン‼️しゅちゅわんの暗号資産情報
https://youtu.be/pYi7mBmSzik 

f:id:syusyubrand2:20220929200446j:image

ステップ 1: コミュニティがブロックチェーンをスピンアップできるようにテクノロジーを構築する(Tendermint + Cosmos SDK)


ステップ 2: IBC を構築して、Cosmos チェーン間の通信と価値交換を可能にする


ステップ 3: Interchain Accounts を出荷して、Cosmos チェーン間のコンポーザビリティを大幅に向上させます。

 

私たちはそれを達成するための4つの方法を特定しました。


Aインターチェーンセキュリティ(2023年1月発売)

B新しい発行体制と液体ステーキング

Cインターチェーンスケジューラ、ATOM経済エンジンの最初の部分

Dインターチェーンアロケーター、ATOM経済エンジンの第2ピース

 

@cosmoshubの新しいビジョン!!


論文からの引用:

「これらのプリミティブを使用して、ATOM 経済圏の拡張と統合を推進する自己増殖型の経済システムを構築できます」

f:id:syusyubrand2:20220929195517j:image

◉発行とリキッド ステーキング: ゼロ インフレへの道を開く$ATOM


リキッドステーキングは、安全な経済スケーリングの最初の部分です。ネットワークを保護しながらステーカーが流動性を維持できるようにすることで、ステーキングと流動性のジレンマを解決します。


リキッドステーキングがステーキング比率に与える影響、つまり発行時の影響は深刻です。


ステーキング比率が高いほど、ATOM のインフレ率が低くなりますが、比率が低いと、ハブは発行を加速してセキュリティ補助金を増やす必要があります。


リキッド ステーキングは stATOM をトークン所有者にすぐに利用できるようにするため、ステーキング率の重要かつ永続的なスパイクを目撃する必要があります。


これは、高インフレを修正するためのよりエレガントで有機的な方法だと思います。


新たに提案された発行方式は 2 段階で発生し、指数関数的な方式から一定の方式に切り替わります。

 

リキッド ステーキング - インターチェーン アカウント


ステーキングされた資産は IBC 経由でエクスポートでき、引き続き報酬を獲得し、他のプロトコルで使用できます。

 

◉インターチェーン アロケーターを構築するために新しく形成された財務プールに資本を注入しながら、セキュリティ補助金を 36 か月にわたって段階的に廃止。


◉36 か月目以降は、毎月 300 000 ATOM の定期的な発行に移行します。

この新しい段階では、インフレ率は最終的に 1% 未満になります。


良いニュース👇

以下のインフレ予測が ICS、Interchain Allocator、Interchain Scheduler の収益を考慮していないことです。

したがって、さまざまなハブ製品が発売されて採用が拡大すると、発行がゼロになるか、マイナスになる可能性が十分にあります。


古い発行と新しい提案された発行のチャートの下

視覚化された新旧の発行


ATOM発行量 インフレ率0への道

36ヶ月後にはインフレ率1%へ

0ヶ月からはATOM発行量が多く徐々に減少していく

 

累積インフレ - 新しいものは明らかに古いものよりも優れています。ハイスタートはそれほど問題ではありませんが、まだ議論される可能性があります.

 

ATOM累積発行量

f:id:syusyubrand2:20220929195711p:image

累積発行 のチャート: ATOM の発行、したがってインフレは劇的に低下します!

インフレは 5 年後にほぼ 0% に低下します…

これは、現在のインフレ率と ATOM の発行率が 10% 前後で推移している状況とは大きく異なります。

発行数の減少は、主に次の 2 つのことが原因であると考えられます。

• リキッドステーキング

•インターチェーンセキュリティ料金

しかし、高額の賭け金を追い求めている人にとって、すべてが悪いニュースというわけではありません。

チャートをよく見ると、ATOM の発行が当初非常に高くなっていることがわかります。確かに、発行は時間の経過とともに減少しますが、最初は 約40% のステーキング報酬があります! これは、最終的に 5 年後に 0 の割合で膨張する資産に対する非常にジューシーな報酬です!


◉インターチェーンセキュリティ:ブロックチェーンのインターネットを拡張するための簡素化されたブロックチェーンオンボーディング


インターチェーンセキュリティ(ICS)は、Cosmosチェーンを新規オンボーディングするためのファシリテーターとして、ハブにとって大きな前進を構成しています。


ICS は、パートナー チェーンに市場へのより迅速かつ安価なパスを提供することで、コア ビジネス (製品の構築) に集中できるようにします。


コスモスは、何千ものブロックチェーンオンボードしたい場合、チェーンを構築する最も難しい部分のいくつかを抽象化する必要があります


元のビジョンに従って。 ICS は、パートナー チェーンのセキュリティを内部化することでそれを実現します。


パートナー チェーンは、消費者チェーンのネイティブ トークンで支払われる報酬と引き換えに、最大のCosmos チェーンからセキュリティをリースできます。


これらの報酬は、デリゲーター、バリデーター、および$ATOMコミュニティ プールに 2 つの方法で支払われます: 新しいトークン発行の一定の割合と、パートナー チェーンで発生するトランザクション料金です。


memo

インターチェーン セキュリティは次の目的で使用できます。

- ロールアップ決済

- IBC ルーティング - IBC リレー契約の市場

- マルチバース - これは単に消費者チェーンを意味すると思います

- Chain Name Service - ENS の Cosmos バージョン


◉Interchain Scheduler: MEV ソリューションによる ATOM と IBC の成長の調整


スケジューラ - 「MEV 市場をオンチェーンにすることで、信頼を最小限に抑え、サービスの質を向上させ、チェーン自体によるブロック空間の直接規制を可能にします」

 

現在、コスモスチェーンとトークン所有者はクロスチェーン MEV 市場から除外されており、これは基本的にオフチェーンで行われています。


Interchain Scheduler は IBC の成功を活用するためのソリューションであり、ブロックスペース先物市場を作成することで ATOM が決済資産になるため、「スケジューラ」という用語が付けられました。


これは、チェーン間最大抽出可能値 (MEV) をチェーン上で移動するメカニズムを構築することによって達成されます。

論文から: 「Interchain Scheduler は、このプラットフォーム (ICS) の上に構築され、より広い範囲の成長に合わせてスケーリングする防御可能なビジネスを作成します...


... IBC 経済。これは、インターチェーンブロックスペースの実行、クリアランス、および決済のための市場で達成されます。」


Interchain Scheduler は、最先端の ABCI++ 機能を活用して、パートナー チェーンが将来のブロック スペースの予約をトークン化できるようにします。


最初に ICS を使用してパートナー チェーンのエコシステム内に展開され、その後、より大規模に展開されます。


この新しい市場プリミティブは、オフチェーン MEV 経済を補完し、防御可能なネットワーク効果をもたらします。


スケジューラの視覚化

f:id:syusyubrand2:20220929195835p:image

 

◉インターチェーン アロケーター: ATOM がインターチェーンの成長のインデックス トークンになるプロトコル所有の流動性


ハブは、パートナー チェーンの成長を促進し促進するために積極的な役割を果たしたいと考えています。これを実現するには、セキュリティを提供するだけでは不十分です。


さらに先に進む必要があります。


Hub の発行、トランザクション手数料、ICS、Interchain Scheduler により、一貫した収入を生み出す 4 つの収入源ができましたが、それらを管理するための適切なフレームワークはまだありません。


インターチェーン アロケーターに入ります。


アロケーターは、ハブが流動性と引き換えにインターチェーンのアップサイドにさらされる資本配分とエコシステムの調整のためのシステムです。


主な目的の 1 つは、ハブのプロトコル所有価値を高めることです。


このようなシステムでは、ハブ$ATOMは、インターチェーンの成長の指標になるのに十分なプロトコル所有価値を持ちます。


これは、ATOM 経済圏を実現するための最後の欠片です。


Interchain Allocator は、その手段を達成するために 2 つのツールを使用します。論文の引用:

''1.エスクロー: 指定チェーンおよび IBC 対応組織との二国間協定を確立するためのシステム、特に保税資産スワップ

2. リバランサー: 自動的に...


... 公的流動性を備えた資産ポートフォリオを管理します。


これらのツールは、Cosmos Hub を中心に新しく形成された Allocation DAO によって使用されます。


Hub Treasury は、これらの DAO に資金を提供して、Allocator がそのマンデートを達成するのを支援します。これには、以下が含まれます。


- 新しい Cosmos プロジェクトの作成速度の向上

- プロジェクトの成長と持続可能性の加速

- クロスチェーンブロックスペースの経済拡大

- 新しいプロジェクトと Cosmos Hub の間のインセンティブの調整


ここで知っておくべき重要なことは、Interchain Allocator は ICS コンシューマ チェーンに限定されるのではなく、Allocation DAO が投資とコラボレーションの可能性を見出しているすべてのチェーンに拡張されるということです。

f:id:syusyubrand2:20220929195958p:image

以下のチャートは、将来の$ATOM経済圏の概要

f:id:syusyubrand2:20220929200046p:image

f:id:syusyubrand2:20220929200212j:image

ATOM の発行。新しい金融政策が提案されました。


2 つのフェーズ - 遷移と定常状態。


移行期間は 36 か月です。最初の 9 か月間は発行額が一時的に増加し、新しい Cosmos Hub Treasury の初期資金が提供されます...


・・・後は発行が減る。面白い。インフレーションを使用して、ハブの新しい財務省を印刷します。話題になること間違いなしです。


移行期開始時 毎月1000万ATOM発行!これは年率換算で約 40% のインフレです 。

 

... 最終的には、Steady State で 1 か月あたり 300k ATOM になります。これは、年率換算で約 1% のインフレになります。


「ステーキング率が [BLANK] を下回った場合」 - おそらくここ(?)のタイプミスか、まだ未定義の金額です。一定のしきい値を下回ると、セキュリティを確保するために元の金融政策が再開されます。

 

1。消費者チェーンはブロックスペースの一部を提供しています


2。スケジューラは、将来のブロック予約を表すNFTを発行します


3。予約NFTは流通市場で取引できます


4。ブロック実行時、NFTの収益はスケジューラとパートナーチェーンの間で分割されます


「異なるチェーンでブロック空間の同期領域を購入することにより、ユーザーはアービトラージの機会をロックインしたり、強力な実行保証でクロスチェーン決済トランザクションをスケジュールしたりできます。

f:id:syusyubrand2:20220929200323j:image

 

 

【Cosmos】資産は自己管理が重要‼️kadoによるセルフカストディー‼️

【Cosmos】資産は自己管理が重要‼️kadoによるセルフカストディー‼️しゅちゅわんの暗号資産情報
https://youtu.be/RoVQm3ZYgBg
#Cosmos #kado #Terra #Osmosis #セルフカストディ

f:id:syusyubrand2:20220924095935j:image

Kado は支払いインフラストラクチャを構築し、法定通貨と暗号通貨の支払いレールを接続して、web3 へのシームレスなオンボーディングを可能にします。Kado はデジタル資産管理者や Circle USDC などのステーブルコイン発行者と提携して、法定通貨と仮想通貨を交換します。

 

Kado Ramp を使用すると、新規ユーザーは Osmosis に簡単にオンボーディングし、より多くの法定資本をアカウントに追加できます。

Kado は当初、Osmosis の標準的なブリッジである Axelar を介して USDC の購入をサポートし、axlUSDC は Osmosis アドレスに直接送信されます。次に、Kado は OSMO の直接銀行およびカード購入を可能にします。

 

Kadoについて

Kado は、世界中のステーブルコインと web3 向けの優れた決済インフラストラクチャを構築しています。暗号へのアクセスとユーティリティの促進。また、ユーザーや企業が web3 へのオンボーディングに直面する摩擦を取り除きます。マルチチェーンとマルチアセットになりました。

f:id:syusyubrand2:20220924100637j:image

 

【Cosmos】InterchainSecurityインセンティブ付きパブリックテストネットが始まる‼️ – Game of Chains‼️

【Cosmos】InterchainSecurityインセンティブ付きパブリックテストネットが始まる‼️ – Game of Chains‼️しゅちゅわんの暗号資産情報
https://youtu.be/ces8YtaQc0M
#GameofChains #InterchainSecurity #インセンティブ付きテストネット

f:id:syusyubrand2:20220922074028j:image

【Cosmos】Rebus AirDropガイド補足と情報❗️

【Cosmos】Rebus AirDropガイド補足と情報❗️しゅちゅわんの暗号資産情報
https://youtu.be/slVVy1domjs
#rebus # AirDrop #情報

f:id:syusyubrand2:20220921075942j:image

Evmosステーカーなど AirDropでお困りの方参考にしてください。